アプリ開発

【SwiftUI】スプラッシュ画面を構築する

2021年6月8日


スプラッシュ画面を構築する。
従来のSwiftであれば、storyboardで設定したりして、スプラッシュ画面を構築する方法があります。
しかしSwiftUIではstoryboardがなく、コードでの実装となります。
そこで、SwiftUIでsplash画面を構築する際のコードについて話そうと思います。

スプラッシュ画面のサンプルコード

import UIKit
import SwiftUI

struct SplashView: View {
    // カウントダウンする秒数
    @State private var count = 3
    // true:カウントダウン中 false:カウントダウン終了
    @State private var isCountDown = true
    // opacity
    @State var opacity: Double = 0
    // デフォルトのタグ
    @State private var selectedIndex = 0

    var body: some View {
        VStack {
            if !self.isCountDown {
                Main()
                
                // 徐々にMainTabBarが表示されるようにしたい。
                .opacity(self.opacity)
                .onAppear {
                    withAnimation(.linear(duration: 0.7)) {  // linearは線形つまり一定の割合で。
                       // NOTE: opacityを変更する画面再描画に対してアニメーションを適用する
                       self.opacity = 1.0
                    }
                }
            } else {
        
                Text("Test").font(.system(size: 35, weight: .bold, design: .serif))
                Image("sample").resizable().frame(width: 300, height: 300, alignment:.center)
                
            }
        }
        .onAppear() {
            // 1秒ごとに処理を行う
            Timer.scheduledTimer(withTimeInterval: 1.0, repeats: true) {timer in
                self.count -= 1   // 残り秒数が減る
                if self.count == 0 {
                    // 残り秒数が0になると終了
                    timer.invalidate()
                    self.isCountDown = false
                }
            }
        }
    }
}

struct Main: View {

    var body: some View {
        VStack {
        Color.green
            .edgesIgnoringSafeArea(.all)
        }
    }
}

-アプリ開発
-,

© 2022 Yosshi Blog Powered by AFFINGER5