IT アプリ開発

【Swift】デバイスやiOSのバージョンによって処理を変える

2021年2月14日

WebではCSSでメディアクエリというもので、
デバイスの画面の大きさや、バージョンなどによって適用するCSSを変更させたりすることができます。

それと同じように、iOSアプリつまりswiftでもそのような実装をすることができます。

#available(iOS, 12, 0)
public func aaa(){

}

こう書くことで、この関数はiOSのバージョンが12以上の時実行

さらには、

if #available(iOS, 12, 0) {

}

というように、if文の判定条件としても利用することもできます。

このように、処理を変えていきましょう!

-IT, アプリ開発
-,

© 2022 Yosshi Blog Powered by AFFINGER5